JSKT

地味な 魚の 輝きを 愉しむ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カンボジア採集記その4

カンボジアのシェムリアップは色々な屋台や大きなマーケット、様々な専門店があるにぎやかな町ですが、シェムリアップ川に目を留める観光客はほとんどいないでしょう。

th_20150303_19-02-23.jpg


今回はそんなシェムリアップ川の採集記です。
上流部にももちろん行きましたよ!
しかし、町中でも色々な魚が採集出来ました。

長いので追記↓



町中なので、採集していると色々な人に声をかけられたり、子供たちが寄ってきたりします。

th_20150226_18-21-55.jpg


カンボジアでは、魚を採るのが生活の一部になっている人が多いみたいで、自分たちが魚採りをしているとわかると、一緒に魚採りをしてくれます。
勝手に網を持って行ってしまいますがw
でも、採れた魚を次々と持ってきてくれます!
th_20150226_18-10-36.jpg

これはいわゆるホースフェイスローチAcantopsis choirorhynchosだと思います。
ホースフェイスローチにもいくつか種類があるみたいで、学名が合っているかどうかは分かりません。

th_20150226_18-03-03.jpg

ローチ系はさっぱりですね。
成魚かどうかもわかりません・・・。

th_20150304_16-06-31.jpg

これはジャイアント・クーリーローチPangio myersiですね。
たくさん採れました(採ったのは僕ではないですが)。
立派な個体が多かったです。

th_20150304_15-56-35.jpg

上の魚はネマケイルス・パリダスNemacheilus pallidusという魚です。
初めて知った仲間です。
かなり好みの魚で、網の中の魚の背鰭にオレンジが見えると嬉しくなりました。
これ飼いたいなぁ・・・!

th_20150226_18-16-15.jpg

これは有名なタイヤトラック・スパイニーイールMastacembelus favusですね。
タイヤトラックにはもう一種M. armatusがいるそうで、腹部まで模様が入るか入らないかで見分けられるそうです。
カンボジアにアルマータス種は少ないみたいですね。

th_20150304_16-22-45.jpg

これはMacrognathus semiocellatus
かなり美しいスパイニーイールですが、すぐに色が抜けてしまいました。
大型になるタイヤトラックと違い、30cmにも満たない種類だそうです。

th_20150226_18-03-21.jpg

説明不要のデルモゲニーDermogenys pusillus
ある程度大きくないと網を抜けていきますw
湿地や川のよどみで見られました。

th_20150226_18-28-18.jpg

このヨウジウオはDoryichthys deokhatoidesです。
陸封種のようなので、飼育したら楽しそうです。

日が落ちてきて、なかなか写真が明るく撮れなくなってきていますw

th_20150226_18-28-20.jpg

黒っぽい魚はキレイに写りませんね。
このヨウジウオ、なかなか美種なんですけどねぇ・・・。

th_20150226_18-08-25.jpg

名前はわかりませんが、コイ科のこの魚。
素晴らしく美しいフォルムをしています。
中型コイ科は大型水槽があったらきっと楽しめるんでしょうね。
ちょっと興味が出来てましたが、現地で出会えたらそれで満足です。

th_20150304_16-28-52.jpg

これもコイ科のお魚ですが、Labiobarbus lineatusでしょうか。
わかりにくいですが、ヒゲが二対あります。
コイ科の魚はフォルムが美しくていいですね。
各鰭のバランスが素晴らしいです。

th_20150304_16-04-34.jpg

この小型ナマズはいわゆるバンブルビーキャットPseudomystus siamensisです。
8cmぐらいのかわいいサイズでしたが、もう少し大きくなるようです。

th_20150226_18-17-45.jpg

テナガエビもいました。
カエルみたいな瞳の形です。

th_20150303_19-16-14.jpg

このスマトラっぽい魚はPuntigrus partipentazonaです。
スマトラと比べると背鰭下のラインが足りないですね。
色々な場所で採集できましたが、愛らしい魚です。
夕日バックで撮ってみました。

th_20150226_17-25-33.jpg

水辺でちょくちょく見かけたこちらの綺麗なカエルはアジアミドリガエルRana erythraeaです。
きれいなのでペットとして日本にも入ってきそうですが、見たことありませんね。
そんなに逃げないので撮りやすいカエルでした。

th_20150226_17-22-35.jpg

このトカゲは写真じゃわかりにくいですが、かなり大きいです。
沖縄にいたらなんの迷いもなくキシノウエトカゲと同定したと思います。
Eutropis multifasciataだと思うのですが、いまいちわかりません。

結構色々な所で見かけるのですが、とにかくすばしっこいので写真が全然撮れませんでした。
沖縄ではとにかく動かないで待って撮るのですが、ツムギアリいるし太陽暑いしで、まったく粘る気が起きませんでした・・・。


町中が流れている濁った川でもかなり楽しめました。
全部紹介しきれていませんが、今回はここまで。

次回は採集じゃない内容にしようかな。

関連記事

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2015/03/25(水) 00:04:18|
  2. Outdoor
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<危なくて美しいヘビ、ハブ | ホーム | カンボジア採集記その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://serpae.blog.fc2.com/tb.php/33-9f50819c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

とりふぁ

Author:とりふぁ
魚好きの大学生。

沖縄県在住。
地味で綺麗な小型魚や爬虫・両生類が好きです。

カメラに凝ってます。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリ

Tank (5)
Fish (7)
Plant (6)
Tool (2)
Bisycle (3)
Information (1)
Others (0)
Outdoor (7)
Photo (2)

アーカイブ

最新トラックバック

Twitter

とりふぁ < > Reload

RSSリンク

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。